会社設立・株式会社・アメリカ会社設立 – アメリカ会社設立による永住権取得の可能性

決算 タックス

会社設立・株式会社・アメリカ会社設立 – アメリカ会社設立による永住権取得の可能性アメリカ

アメリカでの会社設立をして、ビジネスを開始するメリットはこれまでお話しした以外にもあります。アメリカ会社設立による永住権取得の可能性です。

アメリカ会社設立と永住権取得に関係があるのか?

アメリカ会社設立メリットの一つに、将来的なアメリカ移住を挙げても良いと思われます。
(外部リンク:L-1ビザ所持者の永住権 英語)

アメリカ大使館関連情報によると、アメリカ会社設立に基づき発行されるLビザは将来的に永住権への切り替えを考えている方には有利なビザです。

Lビザ(雇用ベースビザ申請)の申請条件には;

1)申請者は申請前の3年間のうち最低1年間、アメリカ以外でフルタイムの勤務経験があること、

2)申請者は米国外で重役・管理職または特殊技術・知識保持者としての勤務実績があること、

3)申請者が米国外で勤務していた企業は、在米企業の関連会社であること、

4)申請者はアメリカ企業においても重役・管理職または特殊技術・知識保持者として勤務すること、

5)申請者の駐在期間中、スポンサー企業は米国とその他、最低一カ国で関連企業の事業運営を継続すること

Lビザ取得ができる人であれば、永住権申請が有利であると考えられます。

Lビザの発給されている外国人の幹部社員や、マネージャーは「優先権労働者」カテゴリに該当する可能性が高く、より速い永住取得の資格を得る可能性があります。将来アメリカへの永住を希望する方には、専門の弁護士をご紹介します。

将来アメリカへの移住の可能性がある方にも、アメリカネバダ州で会社設立が有利なようです。

途中からお読みいただいた方は、個人事業主とすべきか会社設立か からご覧ください。