米国国税庁IRSによる脱税・税金の不正利用の取締強化

Lawyer

2019年後半からコロナ・パンデミックを生き残るための救済処置として、米国国税庁IRSは、法人および個人に対し様々な税法上における優遇措置や給付金を発表してきました。

その一方で、これらの救済措置を悪用する法人・個人の納税者も多いのも事実です。また、年々、脱税が巧妙になり、さらに、国際間の取引でお金の動きが複雑になっています。これらを対策するためにIRSは、今年頭に200人の経験豊富な弁護士の雇用を発表しています。

この雇用は、下記のポジションに焦点をあてています。

  • Large Business & International Positions
  • Small Business/Self Employed Positions
  • Technical Positions

国際間のビジネスをしている大企業の法人だけでなく、零細企業などのスモールビジネスや個人事業主も対象となっています。今後、IRSによる査察がこれまで以上に厳しくなる可能性があります。

アメリカでビジネスをされている方は、書類の保管がきちんとできているか、マネーロンダリングと見なされるようなお金の動きが無いか、移転価格税制の観点から妥当な価格設定をしているか、など今一度見直しをするのが良いでしょう。

参照 IRS News IR-2022-17

ここに掲載している記事により被ったいかなる損害について、当事務所は一切責任を負いません。